大山街道ウォーク 茅ヶ崎~平塚

   
2018年10月27日
 
相模大山道を歩く「馬入川を渡って大山参詣」
 
伊勢原市観光協会では、7年前から県内に記された大山道を、市教育委員会の協力を得て歴史解説者と歩くウオーキングツアーを催行しています。
 
今でこそ大手旅行会社さんでは「本当に歩く○○道」などと名打ったウオーキングツアーを多数販売し盛況を呈していますが、その先鞭をつけたのは実は私共伊勢原市観光協会なのです!
 
さて、今年度は9月から、東海道筋を下って平塚から大山を目指すルートを辿っており、前回の辻堂~茅ケ崎に続いて、今回は10月27日土曜日に茅ケ崎から平塚までの約6kmを歩きました。
 
 
   
ハロウィンイベントに参加する親子連れや、某大手旅行会が主催する「東海道をあるく」ツアーの参加者でごった返す茅ケ崎駅に、10時に集合した18名の参加者は、天候が回復した東海道を意気軒昂に、西に向かい歩き始めます。
 
詳しい歴史解説はお馴染みの安藤元市文化財課長が務めますが、希望者にはトラベルイヤホンも用意され、耳をそば建てなくても、マニアックな歴史解説を充分に楽しめます。
 
また当日配布される、解説員手作りの詳細なガイドブックも毎回好評です。
 
東海道筋から富士山が左側に臨める「左富士」は、駿河の吉原とここ南湖の二カ所だけだったそうです。
 
しかし西域には雲がかかり雪化粧をまとった富士山の優美な姿は、残念ながら拝めませんでした。
 
関東大震災の液状化現象により、突如姿を現した旧相模川橋脚まで進んで来ました。
 
この橋は鎌倉時代の初めに架けられたもので、実物は地中に保存され、池に足のように突き出したものは擬木のレプリカです。
 
解説員曰く横溝正史の映画のワンシーンを彷彿させるそうです。
 
相模川に架けられた馬入橋から大山を遠望します。
 
江戸時代の旅人もこの風景を眺めたのかと感慨にふけりましたが、明治になるまで橋は架けられず、馬入の渡しからは低くて見えなかったかもしれません。
 
13時過ぎに平塚駅近くに無事到着、解散しました。
 
   
※大山街道ウオークは、年度当初に参加者を募集して催行しておりますので、今年度の新たな参加者募集は行いません。興味を持たれた方は来年度の募集にご応募ください。
一般社団法人
伊勢原市観光協会
TEL 0463-73-7373 
FAX 0463-73-6606
平日 8:30〜17:15
(土日祝祭日はお休み)
 
観光案内所
駅ナカ クルリンハウス
TEL/FAX 0463-95-5333
年中無休 9:00〜17:00
qrcode.png
http://www.isehara-kanko.com/
モバイルサイトにアクセス!
370104
<<一般社団法人伊勢原市観光協会>> 〒259-1131 神奈川県伊勢原市伊勢原1-1-5小田急マルシェ2F TEL:0463-73-7373 FAX:0463-73-6606