祝開通!! 伊勢原大山インター

   
2020年3月10日
 
先週の土曜日7日15時、伊勢原市民のみならず近隣市の皆様を含む当地域待望の『新東名高速道路伊勢原大山インター』が、ついに開通いたしました!!
 
コロナウィルスが私たちの生活に暗い影を落とす中、残念ながら開通のテープカットなどセレモニーは中止となりましたが、久しぶりの明るい話題に心がときめきます。
 
開通に先立ち前日6日金曜日の夕方、ケーブルテレビのJ-COMさんがニュース番組「デイリーニュース」(神奈川県央、町田市、稲城市版)で、伊勢原大山インターから生中継を行いました。この中継に、地元を勝手に代表して出演し、大山の魅力をアピールして参りました。
 
 
 
   
開通したら絶対に立つことのできない料金所前から中継です。
現場リポーターの藤崎ミッシェルさんと二人で本番を待つ緊張の時間です。
この日は天候に恵まれ、大山の姿もくっきり見えますが、日が落ちるとすごく寒くなりました。
 
17時の番組スタートから待つこと10分で、スタジオから呼び掛けられ、約6分間の中継がスタートしました。
最初はこのインターチェンジのお蔭で伊勢原市民の利便が如何に向上するか力説しました。何しろ、今までは都内から厚木インターまでより、厚木インターから市内までの方が時間が掛かる程でした。
 
市長のコメントVTRに続いて、次のシーンでは伊勢原大山インターの開通を記念してNEXCO中日本さんが作った「新東名ドライブガイド」を手に、大山の魅力を力説しましたが、力が入りすぎ噛んでしまいました。
なお、このドライブガイドは伊勢原駅観光案内所でも配布しております。
 
あっという間に6分間の生中継は終了し、エンディングを迎えました。
最後に大山を指差した決めポーズでお別れですが、小生の中途半端な観は否めません。
リポーターのミッシェルさんのお姿はまるで米国人ですが、繰り出す日本語は生粋の博多弁で、そのギャップが素敵です。
 
ロケが無事終了して、明日以降は絶対不可能な場所で、関係者の記念撮影を行いました。
さすが身軽なケーブルテレビで、生中継を担当した技術スタッフは、カメラマンさんとディレクターさんの二人だけでした。
短い時間でしたが、この番組をご覧になった方が、伊勢原大山インターを利用したいと思っていただけたらと願っています。
 
一般社団法人
伊勢原市観光協会
TEL 0463-73-7373 
FAX 0463-73-6606
平日 8:30〜17:15
(土日祝祭日はお休み)
 
観光案内所
駅ナカ クルリンハウス
TEL/FAX 0463-95-5333
年中無休 9:00〜17:00
qrcode.png
http://www.isehara-kanko.com/
モバイルサイトにアクセス!
597489
<<一般社団法人伊勢原市観光協会>> 〒259-1131 神奈川県伊勢原市伊勢原1-1-5小田急マルシェ2F TEL:0463-73-7373 FAX:0463-73-6606