涼を求めて! 大山ケーブルカー夜間運転

  • HOME  > 
  • 涼を求めて! 大山ケーブルカー夜間運転
   
2020.8.13
 
記録的な長雨が続いた梅雨がやっと明けたと思ったら、今度は日夜連日殺人的な酷暑が襲来し、コロナ予防のマスクが追い打ちをかけて来る『いつもと違う夏』にうんざりする毎日です。
 
読者の皆様には改めて暑中お見舞い申し上げます。
 
こんな中ですが、徐々に日常生活を取り戻す動きも始まり、地元の良さを見直し近場で楽しむ「マイクロツーリズム」が提唱されています。
 
そこで、毎年恒例となった「光の競演、絵灯ろうまつり」は中止となりましたが、身近な大山でミッシュラン2つ星の夜景を楽しむケーブルカーの夜間運転が行われており、昨晩夕涼みを兼ねて出かけて参りました。
 
連続する熱帯夜の中、一服の涼を求める大勢の人たちで賑わっていました。
 
 
   
17時過ぎに猛烈な夕立に見舞われましたが、大山に到着した頃には雨も上がり、きれいな虹も出現しました。
 
しかし、基準雨量を超えたためにケーブルカーは一時ストップ。ようやく18時過ぎに運転を再開し、涼しい下社を目指します。
 
この日の日没は18時半過ぎで、夕立に洗われた湘南の夜景が輝きだすまで、しばし「茶寮石尊」で地ビールを楽しみながら、その時を待ちます。
 
店内には多くのお客様がお見えになり、静かに暮れなずむ風景を楽しんでいらっしゃいました。
 
日が落ちて暗闇に包まれると、いよいよミッシュラン2つ星の夜景ショーが開幕しました。
 
石尊のテラス席は夜景観賞の特等席で、カップルが江の島の灯台の光をなぞっていました。
 
ちょっとピンボケで申し訳ありませんが、夜景観賞の雰囲気をお楽しみください。
 
阿夫利神社下社境内には「絵灯ろうまつり」で飾るはずだった新作の灯ろうが飾られて、優雅な情景を浮かび上がらせています。
 
画面からは分かりませんが世相を反映して疫病退散を祈願して『妖怪アマビエ』が描かれております。
 
拝殿の前には毎年恒例の番傘のオブジェがライトアップされて、良い雰囲気を醸し出しています。
 
しかし今年はコロナ禍の中での人類共通の願い「疫病退散」の幟が静かに翻っています。
 
これもピンボケで夜景観賞の雰囲気だけ。
 
ケーブルカー沿線には木々を照らす投光器が置かれて、次々と色が変わり何とも幻想的な風景が拡がります。
一般社団法人
伊勢原市観光協会
TEL 0463-73-7373 
FAX 0463-73-6606
平日 8:30〜17:15
(土日祝祭日はお休み)
 
観光案内所
駅ナカ クルリンハウス
TEL/FAX 0463-95-5333
年中無休 9:00〜17:00
qrcode.png
http://www.isehara-kanko.com/
モバイルサイトにアクセス!
633495
<<一般社団法人伊勢原市観光協会>> 〒259-1131 神奈川県伊勢原市伊勢原1-1-5小田急マルシェ2F TEL:0463-73-7373 FAX:0463-73-6606